俺はなんばんぼし

農機具商と不動産屋による共同ブログですの

第ηт回「2021年4月8日 本能的個体繁栄」

深夜テンション、という言葉を聞くようになったのは大学に入ってからだが、今まさに深夜なのでテンションが深夜テンションだ。深夜テンション時にはなにかしないといけないような気がして、そわそわとひとりで勝手にしていたのだが、何もすることがないと気づいて自慰行為いわゆるオナニーを行う、という結果に至った。その結果に至った結果、次のような考えが頭脳にわいた。

人は子孫繁栄など望んでいないのではないだろうか。

オナニーをすると、男性は子孫のもととなる精子を放出するが、その精子は本来の役割を遂げることなく死滅する。これでは子孫が繁栄しない。にもかかわらず世の多くの男性はオナニーをする。理由としては気持いいから。それしかないだろう。人が子孫繁栄を目的として生きて存在しているとすれば、勿体なくてオナニーなどできないのではないか。
人に限らずあらゆる生物の原則は自らと同じ種を維持存続させることにあり、この原則を守るために本能がある。本能は三大欲求としてよく次の3つが挙げられる、すなはち食欲、睡眠欲、性欲のことだが、これらすべて、種の維持と増殖が目的なのだ。しかし、どうやらそれは違うらしい。
食欲と睡眠欲は個体を維持管理するためにあるものだと思っていた。個体がなくなれば次の個体、子孫をつくることができないからである。そして性欲は次の個体、子孫をつくるためにあるのだと思っていた。その行為がなければたとえ個体を維持管理できていたとしても、次の個体、子孫が現れないからである。
しかし、次の個体、子孫をつくるためにある性欲は、オナニーによって一時的に消える。オナニーが連続すれば、性欲もない状態が続く。種の維持も繁栄も増殖もできない。でもそれでもいいのだ問題ないのだ。気持がいいのだから。

食欲が満たされた喜び自体を他人と分ち合うことはできない。睡眠欲についても同様である。そして、性欲に関しても同じことである。
そうなるとどうなるかというと、三大欲求と呼ばれているものは生物が種の拡大や栄成のためにあるのではなく、ただひたすらに個体が満足するために存在し機能しているのではないだろうか。自分が属する家系、くらいのことまでは考える人もいるだろうが、その想いははっきり申し上げて自己完結するものであって、個体が満足することの延長線上にあると思う。
他の動植物がどう思っているのかは知らないが、ホモ・サピエンスとしての種を維持していくことを意識して子孫を残している人がいるとは、なぜか思えない。これは極端な話かもしれないが、とにかくおそらく、自分が関係していると強く実感できる範囲が狭くなっている。

 

絆だの協力だのシェアだのといった言葉が連呼されるだけの世界をみていて、以上の状況は日増しに強化されている気がする。そういう言葉が人の心に響くように感じられ、志向すべきもの理想とすべきものとされればされるほど、実際はそれらの言葉から遠ざかっているんじゃないか。

 

文責:深夜の不動産屋

第ОΑ回「2021年4月6日 環境の閾値 バイ マングローブ」

高校生の頃が自分にもあり、その頃なにの授業だったか忘れたが「エビと日本人」という岩波新書の本を読まされたことがあった。読まされた、ってネガティブだけど知的好奇心の欠片が自分にはなく、図書室では火の鳥とかを読んでいたので、そのような活字の御本を読まされるという受動意識があったのは仕方がない。それでも教師のいうようにこの本を読んでみたが、ほとんどは記憶に残っておらず、印象の断片しか残存していない。たしか、概要はこんな感じだった。

ニポン人はエビが好きである/また、高度経済成長期に頑張ったから世界の国々と比べてややモチカネになったのである/それでエビを買い求める人がたくさんになったのである/しかし近海遠海で獲れるエビの量には限りというものがあるので困ったのである/そこでニポン人は考えたのである/養殖すなはちたくさん育ててたくさん獲れる環境を作り出せばいいのである/そんで選ばれたのがインドネシアだったのである/インドネシアにはエビ養殖に適した環境があったが、マングローブがようけ茂っているのである/そこでニポン人はマングローブを伐り倒してエビ用の池を作ったのである/エビをたくさん育て、ニポン人の腹の中へそれらを消していったのである/ニポン人の食欲は満たされたのである/ニポン人は儲けたのである/そして、エビ育てスペースを設けるためにマングローブ林も消えていったのである/マングローブが消滅したインドネシアの環境は目茶苦茶である/哀しきエコノミックアニマルたちよ、環境破壊なる言葉を知っているかー

そんな感じの内容だった。たいへんなことである。切実なことである。そう思ったが、別に環境保護団体に入団するわけでもなく、インドネシアまで出かけていってマングローブの苗を植えるわけでもなく、「一日にテニスコート何面分の森林が消失しているか、おたく、ご存じ?」などと街頭でアンケートをとるようになるわけでもなく、ただ漫然と過ごしていた。行動力のない高校生であった。

しかし今はいい年齢になったいい大人である。ニポン人がインドネシアマングローブ林を蹂躙したのは自分が生まれる前だったが、自分はそのニポン人の末裔だ。先祖の背負った業ちゅうか犯した過ちちゅうか、そういうのを末裔として受け止めて行動に移していきたい。そのように思っていた矢先、というのは昨年の8月なのだけれども、あの日守れなかった、かの日に護れなかったマングローブが近くのHCで販売されているのを発見したし目撃した。ちょこなん、とした小さな苗ではあったけど、傍らに刺さった表示板に「ガジュマル(マングローブ)」と書いてある。ガジュマルという文字や音声を観たり聞いたりすると自分はなぜか浅草の雷おこしを連想するのだが何故なのかは知らん、とにかく自分はこれをレジに運んでいって銭を払った。

そういうわけで今自分方ではマングローブの木との共存生活をしているのだが、ここはマングローブには申し訳ない環境ときている。モノホンを見たことがないのでイメージだが、なんというかこう、野生にみるマングローブは広めの泥炭地というか汽水域というか、そういう広大な水辺にばあー、と幾本も並んで生えて生きている、そんなイメージがある。
しかるに、なんですか、丼ぶりほどのプラ鉢に植わっているこの状況は。これではマングローブ冥利につくことができんではありませんか。
と自分でも思うが、賃貸集合住宅である以上、やたらと身勝手なことができないのが悲しい。できることなら部屋の中に土・泥・砂礫・水生生物(タニシ、雑魚など)・流木・各種バクテリア・川海豚、荒川の天然水などを持ち込んで野生を可及的に再現し、窓扉は開けっ放し、玄関からは水と泥が流れ、外から野鳥が飛び集まってくるメゾン・ド・ビオ・トープ at TOKIO のような状況を作りたいなあ、と祈願しているが現実がそれを許さない。

こういうわけなので、マングローブはプラ鉢におとなしくおさまってベランダの風に吹かれているが、最近生長しないのだ。新しい葉をつけんのだ、蕾を出しはしないのだ。せっかく冬も越えたというのに。というのは道理で、次のステージにマングローブは行きたがっている、ということなのだ、これは実は。鉢で植えられている植物はある程度生長すると根が伸ばせなくなり、全体の生長も止まるようになっている。かどうかは断言できないが、経験的にそうである。自分はどこからもらったのかいまだにわからぬがいつのまにか生活の風景となっていたゴムの木も育てているが、このゴムの木もそうだった。生長が止まること、これすなはち、次に大きな鉢へ移してくれろ、という植物のサインに他ならない。よって、例のHCへ自分は駆けて行って、と書くと嘘になるな、フツーに歩いて行って家族用の鍋くらいの大きさの鉢をレジスターに運んで銭を出した。

新しい環境、適切な状況を手に入れた植物の生長スピードは、眼をみはるものがある。逆に、ある環境や入れ物ではそれ以上生長ができない。
これは人間に置き換えると、人間関係や属する組織にあたるのだと思う。停滞や倦怠や不満を周囲や他者に起因させるのは安易で堕落した考えだよね、自分で状況を好転させる事ができるよね、そう努力すべきだよね、という話を耳にすることがあるが、マングローブやガジュマルを育ててみて、それは一概には言えんのではないですかなあ、という気持になっている。たぶん、人は属した社会や組織、そこの人間関係によってあらゆる閾値が設定されるのではないか。おそろしいような気もするし、別におそろしくないような気もし、でもやはりこれは恐ろしいことですよと自分は思います。

 

文責:マングローブ栽培家兼不動産屋

 

P.S.
植物の伸び方といえば、北海道の春先にみる植物を思い出す。
半年もの間、植物らは雪のした土のなかで積雪の圧力に耐えて、臥薪嘗胆あるいは捲土重来って感じで、春に跳躍する。信じることができないくらいに伸びるのが早い。自分はそこに野生のちからって言うと陳腐ですが、そういうのを感じますよ、ええ。と道民の人に話したことがあるが、同意を得られたことはない。道民にとってはごく自然なスピードなのかもしれないが。

第МЮ回「2021年4月2日 映画観た アングスト」

先程、アングスト(邦題:不安)という映画を観ましたの。ひとりでみた、というと嘘になるな、傍らでは猫がうろうろしていた。映画は実話をもとにしたものらしく、オーストリアで起きた猟奇殺人事件を題材としている。している、っていうか実話をもとにしたって、実話をほぼそのまま映画にしたものってことですよね。こういう、実話をもとにした映画が存在する、という事はすなはち現実には映画の一部となりうる時間が存在する、ということになるのではなかろうか。なかろうか、ってそんなことはどうでもよいが。

いわゆるところのサイコパスの映画である。と思う。
紹介文には、「公開当時、あまりにも残虐な映像・描写に嘔吐する観客、返金を求める客が続出した問題作」みたいなことが書いてあった。1983年の映画。サイコパスという言葉が人口に膾炙したのがいつ頃からかわからないが、この言葉が日常でよく聞くようになった現代にこの映画を見ても、犯人の心理描写に新鮮味があまり感じられず、あまり興味深いものではなかった。完璧主義はみなベクトルが別の方を向いているだけの違いで、みな異常なのだと思う。

懸念すべきことがひとつだけあって、猫のことである。猫もちらちらとテレビジョンの画面を見ていたため、サイコに触発されてなにかよろしくないものが猫の内部に目覚めなければいいのだが。猫は人間でいうと精神年齢が2歳くらいにあたるらしい。ほんとかよ。とも思うが、仮にこの映画を人間の2歳に見せたとしたら、その後の成長が少し怖い気がする。一個の人間の精神に何が影響しているか、分かったものではないからである。
なんて言ってる自分についてはこんな映画の影響なぞ受けるわけがないね、と思っているからこういうことが言えるのだが、影響がないとは言えない。まあないだろうけど。こういう恐怖・ホラーの免疫がついたのは、人生のどのタイミングだったのだろう。昔はうす暗い水族館に入るのも怖かったが。

内容はちと微妙だったけど、カメラワークがよかったと思う。引きずられる男の後頭部に寄せたまま移動していくシーンや、口元を強調する映し方が印象に残っている。最初の方に執拗に映っていた口唇のシーンは、犯人の性向・性癖がとても効果的ににじみ出ていた。あと、犯人の演技も真に迫るものがあった。なんだか、けっこういいところがあった映画に思えてきたぜ。

 

なぜか、北北西に進路を取れがみたくなったので明日借りてこよう、ね、ハム太郎

 

文責:不動産屋

第Лψ回「2021年3月29日 古い小説の話し方/消された殺し屋」

ロシヤとかイギリスの古い小説を読み遊ばしていると思うことがあって、この時代この国の人はこんな話し方をしていたのかね、本当に。という事で、例えばこんな話し方、「あっしは生まれてこの方、良いことがちいともないんでさあ! 旦那! 旦那にあっしの気持が分かるっていうんですかい?」のような台詞がそれだ。こういう話し方を農民や小使い、街角の靴磨きなどがしている印象があるが、こんな野卑な話し方をするものだろうか。まあ、日本の時代小説でも町人やめし屋の親父と、文官や将軍の言葉遣いは異なるが、翻訳の、いやというよりは、ネイティブから多言語へ移行する事自体に厳然とした壁があると思う。それはベルリンの壁よりも高くケンローな感じぃ。

ということを岡山県在住の友人と話した。だからなんだ、と問われるとキュウしますが、とにかくコロナが大へんですね。最近は、っていうか相変わらず。世の中がおおいに変わったなあ、と思いますが、変わったのはグーグル検索の世界もそうね。
ここ2年ほど、タイの人と仕事をする機会があってしばしばタイのことを調べていたのだけど、今、「タイ こ」と打つと「タイ コロナ」がトップに出てくるようになっている。しかし、1年前までは違ったのだ。「タイ こ」と打つと、「タイ 殺し屋」という物騒至極なWordsが出てきたものだ。「タイ 殺し屋」は世界全体でコロナコロナと騒ぎ始めても、まだ検索トップに君臨していたのだが、昨年の5月ごろから見かけなくなってしまった。殺し屋もまた、コロナによって駆逐されてしまったようである。
それにしても、「タイ 殺し屋」がトップに出てくるってどういう状況だ。日本語での検索で候補に挙げられるということは、検索していたのは日本人、ということになるだろう。興味本位なのか、本気なのかは図りかねるが、ハートがビミョーな感じになる話だよ、ホント。

 

本日の食餌
朝:水道水
昼:大勝軒のラーメン(味噌)
  中華麺、味噌(成分は企業秘密につき不明)、葱、メンマ、焼豚、白ごま
夜:野菜スープ(豚モツ、キャベツ、もやし、白ごま)

ごまが好きである。

文責:不動産屋

第Еν回「2021年3月28日 自分が食べたものくらい/ブロイラー畑の混沌」

昨日の朝食を思い出せますか、などと問うてくる人がたまにある。朝食は食べたのだが、何を食べたのかまでは覚えていない人が多いから、こういうテンプレートができたのだろう。確かにまあ、それはあるだろうな、と思う。自分も先の食事内容を思い出せない事はしばしばあった。これだけでも食べ物に対して礼儀がなっていないと思うが、さらに失礼な事が自分に降ってわいた。今朝気づいたことには、昨夜、晩御飯を食べたのかどうか、わからない。腹が空いている感覚がなかったが、食べた気がどうもしない。しかし、断言ができなかった。慄然とした。というのは、自分の食に対する意識の低さにである。

食とは、なんて語るのは口幅ったいがまあ書こう、食とは、畜肉を食すのであれ、植物穀物を食すのであれ、基本線として他を殺す事の延長にあるものだと思う。自らの生命の踏み台、よく言えば糧と成る存在と、それを殺める行為を意に介さぬ、記憶に残していないという事は、めちゃ罪深い気がするわ、私。だから今日この日から、その日食したもの達を記録しようと思う。じゃあ記録するわ。

朝:無
昼:五目おこわ
夜:野菜スープ

と記録してみたが違和感がある。五目おこわには五目、すなはち人参や蒟蒻、餅米などで構成されているが、それらについて書かれていない。これは例えるなら、戦国の合戦で敵国の兵隊をやっつけた人が「歩兵を5人やりましたよ」と答えるようなものだと思う。やられた5人はそれぞれ、田吾作、五郎兵衛、吉備乃介と名前があるはずだが、それらは注釈されず、一介の歩兵として死んでいった、ということになる。それは寂しいんじゃないか。やっつけた者の背負う実感としてもそこまで重くならない気がする。
どうせなら、やっつけた側、征服する側、生命を頂戴する側の背負うべき重みを実感すべきだろう。だから記録しなおすと、

朝:無
昼:五目おこわ(人参、牛蒡、蒟蒻、餅米)
夜:野菜スープ(キャベツ、もやし、白ごま、中華スープの素)

五目おこわなのに四目しかないのはどういうことか、と聞いてくるひとがいるだろうがしょうがないじゃないか、本当に四目しか入っていなかったのだから。そんなことはどうでもよく、問題なのは野菜スープなんだ。中華スープの素にはブロイラーが犠牲になっているはずだが、そこまで記載すべきだろうか。この問題については今、自分の中で賛否わかたれて議論が交わされている・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、答えはまだ出ていないが、「中華スープの素の素を記載するのは、現実的でないと思うナー」という反対派の意見によって、ディスカッションは定まろうとしている。
反対派いわく、「中華スープの素ははじめから中華スープの素であったのではなく、ブロイラーやいろんな野菜蔬菜が混合されてできている。しかし、ブロイラーやいろんな野菜蔬菜もはじめからそれらとして存在していたわけではなく、ブロイラーは雑穀やワームなどを食べて成長したのであろうし、野菜蔬菜もまあいろんなものを体内に取り込んで成長した。すでにそこに犠牲があったのだ。しかも、それら犠牲の下にはさらなる犠牲があったにちがいなく、それらすべてを記載してゆくことは不可能だろう」とのことである。
確かにそうだなあ。しかし、ウーム。でもさあ。などと右往左往して、「記載するは食材として一般的に認識されている単位物までとする」ことで決議に至った。料理本や料理番組のレシピに出てくるような材料の感じで書け、ということである。議長が槌を振り下ろして閉会を告げた、「これにて閉廷!」。
議場をでてゆく人波の中で、ある反対派がぼそりとこぼした。「一般的ってなんだろうね・・・」。

っていうか、一般的、ってなんなんだ?! 気づけば別の議場で、一般的、についての議論が開始されていた。っていうか、されている。「相席みたいなものじゃないか」という声、「ベン図の重なり合う所みたいな感じ」という声、「相席にしろベン図にしろ、どこかに境界線が明確にあるはずだがそれはどこなんだね」という声。「まさか線が引けないわけじゃないだろうね」という声。「ええ、でもそれはほら、ねえ」という声。穏健派、中立派、保守派、過激派、ロマン派、改革派、耽美派自然派、現実派、などに分かれもつれて、それはブロイラー畑のような光景。

PANIC!

 

文責:むかし仕事で行った養鶏場で、箱詰めにされたブロイラーがトラックで運ばれていく光景を見た不動産屋

第Жχ回「2021年3月27日 春の雨と書いて/物理を知らないので」

沛然と雨が降っている。春雨、というやつだろうか。
そういえば、なぜ春雨という食べ物はその名がついたのだろう。あれかね、まっすぐな形状、半透明の外見が天から落ちてくる雨の様子に見えるからか。でも、春に限らず夏の雨も秋のそれも、春に降るのと同じように直線的で半透明だ。それなら、別に春でなくてもいい気がする。
しかし、春雨は厳然と「春雨」であることは揺るがない。何か由来があるはずだと思う。希望としては、雪ばかり降っていた冬が終わってその年初めて雨が降るのを見る時、春の到来を感じるとともに降雨が久しぶりなものだから雨を凝視してしまって、その形状が印象的なのだ、みたいなエピソードがあってほしい。

まあ春雨の由来は判らんが、考えてみると写真でみる雨は不思議だナーと思う。
肉眼で見る時は直線的に見える雨も、時間を細かく刻んでゆくと朝露のような、丸みを帯びた形をしているのだと思うが、写真に見る雨はだいたいが直線的である気がする。時間を切り取るのが写真であれば、水滴のような雨が写るはずなんじゃないかな。なんじゃないかね。
それだけ速く雨粒が落ちている、ということなのか。カメラの性能の問題なのか。はたまた、雨は雨粒で落ちてくるのではなく、空中から落下を続けるに従って流線形に近づいており、地上近くで自分らが見る時には本当に春雨のような形になっているのか。

自分が無知なだけかもしれないが、っていうか実際無知なので、不思議な気持でいっぱいです。
まあhttp://wwwで検索すればなにかしらなんとなく分かるのだろうが、なんとなくしか分からなそうなので、明確に理解したいのであれば理学部に行くなり図書館に行くなりした方がいいだろう。どっちがいいだろうか。理学部に行くことはできる、といってもただ物理的に移動するだけの意味合いでしか行けず、学生の権利を以てお偉な教授の講義を聞くことは今のところできない、大学入試に合格する必要がある。合格するためには時間および金、そして多大なる努力を必要とされるうえ、自分の脳みそだと理系学部生の資格なしと判断される可能性が大いにある。よって、図書館に行ってやろうと思います。自転車で行くぜ。春だし。

 

文責:物理をやりたい不動産屋

第κρ回「2021年3月26日 ビビンバってビビンバでいいのか?/卓袱台歓喜」

ビビンバの謎、というのがある。ビビンバは韓国料理で、ここニポンでもわりとポピュラーな食べ物になっているが、よくわからないことがある。というのは、この食べ物の呼び方で、例えば街中を歩いていて韓国料理屋があるとする。店先にはメニューの看板が掲げられていて、なんたらチゲだのかんたらカルビだのと書いてあるようで、見るとほらね、ビビンバ、とある。けっこうなことだ。その店を行き過ぎて、また他の韓国料理屋を発見する。さっきの店と同じようにメヌが外に出ていて、見ると提供物もあまり変わらないようで、なんたらカルビだのかんたらチゲだのと書いてあるが、ただビビンバがない、代わりにビビンパ、というのがある。店のオバンに聞くと、ビビンバという食べ物はない、そなたが言っているのはビビンパのことではないか? とこうくる。

つまり、ビビンバの謎というのは、呼び方は果たしてビビンパなのかビビンバなのか、どっちなのか、という謎で、この謎に輪をかける存在もあって、それがピビンパである。極まるぜ、謎が。ビビン+バorパ、ならなんとなく許容できる気がするが、これがン以外の文字で派生つうか他の発音になってしまう可能性があるとすると、ビビンバの呼び方は天文学的な数字になるだろう。バ行がパ行に置換される前に、ヴァ行に置き換えられることも可能だ。ヴィヴィンヴァ。まるで別の国の食べ物である。さらに困ることがまだあって、これはあまり考えたくないのだが考えねばならない、ンのム転換である。ヴィヴィムパ。これが採用されるとなると、困りが2倍となってたいへんなことになるのは火を見るより明らかですね。

ピザ→ピッツァ、どころのレベルじゃないのである、ビビンバに関しては。

 

P.S.
こないだ馬喰町のアンティークショップへショップしに出かけてみてはいかがでしょうか、古き良きを感じ日々に感謝して生きる、これすなわち人間のあるべき姿ではないでしょうか、と家の人に言われたので、そうあるね、と答えて行って、文机を買いました。頗る調子が良いでございます。高さがね、前のちゃぶ台だと低すぎて、困っていましてね。ちゃぶ台もあるべきところ、いわゆる居間に移動させられたため、やっと本分を全うできるでございます。これから備前の国に住む友人にレターなんぞを認めようと思います。ベイビー。敬具。

文責:不動産屋